• ホーム
  • ED改善にはストレスを溜め込まないことが大切

ED改善にはストレスを溜め込まないことが大切

薬を飲む男性

ストレスや不安などの精神的な原因によって起こるEDを心因性EDといいます。
心因性EDには、仕事や経済的なストレスなどによる現実心因、自分では自覚はなく、小さいころのトラウマや、性的トラブルが原因で起こる深層心因があります。
現実心因の場合は、自分自身で大体原因がわかり、このケースの場合は、メンタルのカウンセリングや薬を飲むことなどによって直せることがあるため、軽度のEDとなります。
深層心因の場合は、無意識で感じているストレスによるものなので、原因の解明には長い時間がかかるため、簡単に治すことができないことが多いです。
心因性EDになりやすい人として、考え込んでストレスを溜め込みやすい人に多くEDになってしまって、相手を満足させてあげられないことにもストレスを感じてしまい、さらに深刻な事態になってしまう場合があります。
また、以前の性行為での失敗に対してのトラウマなどから、いざ性行為を行う際に、また失敗してしまったらなどの心配によりストレスを感じてしまい、EDになってしまうということがあります。
こういった場合には、相手とともに一緒に解決法を考え、自信を失わないようにすることや、ED治療薬を服用することにより、性行為に対して自信をつけることも解決するための有効な手段です。
性行為に対する自信を失わないようにすることが大切です。
日々のストレスを解消して、ストレスを溜め込まないことも改善に繋げることができます。
趣味やスポーツに没頭したり、旅行に出かけたりするなど、自分に合ったストレス解消法を自分なりに探して行うことで、ストレスを溜め込まないようにすることができ、症状を改善することに繋がります。