• ホーム
  • ED治療薬で血圧変化が起こる

ED治療薬で血圧変化が起こる

ED治療薬を利用すると勃起障害を治すことが出来るのですが、それと同時に身体の血圧変化を促すことができます。
なぜ血圧変化を促すことが出来るのでしょうか。

そもそも、EDというのは血液の流れが不順になることによって生じるものです。
正常な男性は、性的興奮を感じると陰茎海綿体に対する血液の流れが激しくなります。
この血液が一気に流入して血液の行き場を失うことによって勃起という作用が生じるようになるのです。
ED治療薬は、こうした元々男性にあった勃起の作用を正常な状態にするため血中濃度を著しく変化させる作用を持っています。
そのため、血圧変化にも影響を与えることになるのです。

実際に、ED治療薬の中には食事との相性がものすごく悪い薬がいくつか含まれています。
食事の中に含まれている栄養分は体内に吸収されると血液に存在するヘモグロビンに乗って身体に栄養分を浸透させることになるのです。
しかし、ED治療薬を使っているときにはこの血液の中の栄養分の状態が通常とは異なる状態になっているため、ED治療薬の成分と食事からとった栄養分がよくない反応を起こすことになります。
事実、治療薬を用法に従わない服用方法で使った人は身体に対して重篤な後遺症を発症させてしまった人もいます。
血液中に吸収された薬の成分と食事の成分の反応は、結果的に薬を作った人にも予測できないように酷い副作用が発生することもあるので、食事をとっても大丈夫な治療薬であっても服用するときにはお腹を空かしているときに服用することが最も賢明なのです。
そうすれば、身体に対するリスクを回避しながら安全に勃起を治すことが出来ます。